思考の持ち方が大事なのかと

金融系商品に興味はあるが、なかなか手を出せないでいる方が多いようです。金融というフレーズ自体がなにか危険で、手を出してしまうと大きな損失を被ってしまうイメージがあるからでしょう。しかし、コツコツ貯金しているだけでは、よほどの高給取りではない限り、資産は殖えていきません。したがって、手を出す必要があるものなのです。人は少額であっても、損することを怖がる心理になりがちです。金融商品に投資をするのなら、その心理を克服しなくてはなりません。そのためには思考の持ち方を変える必要があります。損をすることは仕方ないが、それを最小限に抑えるという思考が投資において最も大切なことです。少しは損をしても、資金が残るのであれば、いずれはやってくるビッグチャンスに投資を行うことができます。アベノミクスの初期段階では、誰でも簡単に資産が殖やせました。そのようなタイミングで投資できるかどうかが重要なのです。損を最小限に抑えるようにしておけば、かなりの確率で成功できるのです。